テンパステーション

エンタメって最高だ。天パって最高だ。

育児「マザー牧場」は歩きはじめの子供にオススメ!

スポンサーリンク

f:id:YutoCruyff:20180814233422j:plain

 

このブログでは漫画や映画などのエンタメについて書いていることが多いですが、最近は「息子の成長」こそが最上のエンタメだとつくづく感じます。反応、挙動、全てが可愛いんですよ。

 

現在(2018年8月)1歳1ヶ月の息子は相変わらず「ビリケンさん」そっくり。(ビリケンさんといえば大坂の通天閣などにいる神様です)。

 

最近はてくてくと歩けるようにもなり、いよいよ「おでかけ」の機会が増えてきました。

 

今回訪れたのは「マザー牧場」。最近息子が動物に興味を持ち始めたので、「上野動物園とかどうかな?」と思ったんですが、どうやらシャンシャンブームでえらい混雑している様子。

 

ということで、穴場感があり、車で日帰りでいける「マザー牧場」を選んだ訳ですが、結果みなさんにオススメしたい、非常にいい経験となりました。

 

 

マザー牧場とは?

f:id:YutoCruyff:20180815000652j:plain

マザー牧場は、千葉県にある観光牧場。東京ドーム50個分以上の広大な敷地に動物、花畑、遊園地、体験施設、キャンプ場などが併設されている夢のような場所です!

 

車だと都心から1時間ちょっと〜2時間くらい 。(アクアラインが混んでいると結構かかってしまうのが難点)

 

また電車でもJR君津駅から直通バスが出ているので、実はとても行きやすい場所にあるんですね。

 

 

 

とにかく動物に触れる!

f:id:YutoCruyff:20180815002839j:plain

マザー牧場が普通の動物園と明確に違うのは、とにかく動物と触れ合えるところ。息子も終始興奮しっぱなしでした。

 

赤ちゃんにとって「触れる」というのは刺激になりますし、とても貴重な経験になるはずです。

 

f:id:YutoCruyff:20180815003027j:plain

羊はとても穏やかな性格なので、人々の間に自然に溶け込んでいます。メェ〜!という鳴き声にたまにびっくりしますが。

 

f:id:YutoCruyff:20180815003224j:plain

リクガメも普通にその辺を歩いてます。意外と歩くスピードが速いという。

 

f:id:YutoCruyff:20180815003400j:plain

そうこうしているうちに、その横をカピバラさんが通過。

 

f:id:YutoCruyff:20180815003444j:plain

最終的にはビリケン君が二匹のカピバラを従え、王座に座るような謎の構図になりました。

 

 

真夏におすすめ。意外と涼しい?

f:id:YutoCruyff:20180815001434j:plain

猛暑続きの毎日。とにかく外に出るのが億劫ですよね。そんな中、マザー牧場は山の上にあるので、実は都心よりも2度ほど気温が低いんです。

 

流石に昼間は暑かったですが、午後も少しすぎると気持ちいい風が吹き、快適に過ごすことができました。

 

また上記の写真のように「びしょ濡れエリア」があるなど、水涼しくなるような工夫も各所で凝らされているので、暑い日中でも全力で遊ぶことができます

 

 

おすすめはツアー

f:id:YutoCruyff:20180815004547j:plain

マザー牧場の名物である「マザーファームツアー」。トラクターに引っ張られながら、畜舎に入ったり、えさをあげたり、東京湾を見下ろしたりするツアーがとても素敵でした。

 

f:id:YutoCruyff:20180815005311j:plain

本来なら大人1,200円ですが、入場時に入場券と一緒に購入できるセット券を買ってしまうのがおすすめ。

 

f:id:YutoCruyff:20180815005231j:plain

このように、トラクターが客車を引っ張っていきます。写真で見るより実物はとんでもないほど大きく、圧倒されます。

 

f:id:YutoCruyff:20180815010303j:plain

ガイドさんが子牛にミルクをあげるシーンも間近で。がっつき具合がシュールでした。

 

f:id:YutoCruyff:20180815005901j:plain

道中出会うアルパカ。このアルパカにも餌をあげることができます。手のひらに餌を乗っけて、そうっとアルパカに差し出すのですが、「ねっとりとした舌づかいで餌を舐めとってくる」あの感覚、ぜひ一度味わっていただきたいものです。

 

f:id:YutoCruyff:20180815010152j:plain

大きい牛。サービス精神旺盛でこちらへ寄ってきました。息子も大興奮。

 

 

赤ちゃんも心おきなく楽しめる

f:id:YutoCruyff:20180815010640j:plain

なにより嬉しかったのが、歴史ある牧場ということもあって、赤ちゃんに対するサービスや配慮が行き届いていたこと。

 

ベビーカーの貸し出しも当然ありますし、ミルク用の湯沸かし器、おむつの販売まで行なっていました。トイレも意外に綺麗で、オムツ交換も心置きなくできます。

 

なにより一面全てが「原っぱ」なのが、特に歩きはじめの子供にとっては素晴らしい環境でした。ウチはほぼ「1stシューズデビュー」でしたが、元気に走り回っている姿を見て、1年の成長を改めて感じることができました。

 

そういえば今回、持って行ってよかったのが「おしりふき」です。牧場内にも、動物と触れ合う場所には必ず手洗い場が設置されているのですが、泥でよごれたり、大人のお手拭きとしても十分活躍するので、多めに持っていくと良いかもしれません。

 

(個人的には、おしりふきはウエットティッシュの上位互換だと思っているので、息子が赤ちゃんじゃなくなってもお世話になりたいと思っています。)

 

 

 

おわりに

今回お昼の13時から17時までの滞在時間でしたが、ほんの一部しか楽しむことができず、無念の帰宅となりました。

 

上記にご紹介したふれあいやツアー意外にも「アンパンマンショー」「乳搾り体験」「味覚狩り」など、こどもが喜びそうなイベントはまだまだたくさんあります。

 

入場料金は大人1,500円、子供(4歳以上)800円ですが、2年間パスポートは大人4,200円、子供2,200円と超お買い得。パスポート買っても、ディズニーランド1回よりも安いのです。これはお買い得だなぁと!

 

また涼しくなった頃にもう一度訪れて、その時には2年間パスポートを買ってしまおうかな・・と。それくらい、息子も、奥さんも、自分も楽しめた1日となりました。

 

ということで、全ての世代の人が楽しめる「マザー牧場」、ぜひ訪れてみてください!

 

これまでの「息子・ビリケン君」との生活はこちらにも綴っています。ぜひ覗いてみてください!