漫画レビュー

2018年面白かったマンガBEST5【完結作品編】

テンパステーション大賞2018完結マンガ編

はじめに

勝手にテンパステーション大賞!パチパチパチ〜〜!

いやぁ、気づけば12月。今年はなんだかんだで100作品以上は読んでるんじゃないかな?ってくらい漫画漬けな毎日なんですが、その中でも特に面白かった紹介をご紹介!

先日「このマンガがすごい!」の発表もありましたし、完全に気分なんですが、ランキング形式で紹介しちゃいます!

今回は「完結している作品」に絞ってご紹介。気になった方は年末年始にぜひイッキ読みしてみてください!

ということで、早速カウントダウン式で要チェケラ!

第5位 彼方のアストラ(全5巻)

あらすじ:宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!? 近未来SFサバイバルストーリー、始動!!

「このマンガがすごい!2019」でもオトコ編第3位に入選したこの作品。

『SKET DANCE』篠原健太先生の意欲作で、もともと「ジャンプ+」での連載作品だったのですが、口コミが広がり「ジャンプ本誌」の作品を超えるくらい話題になりました。

自分も口コミが広がってる段階でこの作品を知り、イッキにハマってしまったクチです。

まず、5巻というサイズ感がいいですね。映画を一本観るような感覚でサクッと読めます。

それでいて中身はしっかりしたSF×ミステリー。ミステリマニアをも唸らせる「ラストのどんでん返し」には、僕も驚かされました。

ミステリー部分がどんなものなのか、公式がこんなページを用意しているので、ぜひ気になる方はのぞいてみてください。

宇宙モノということで、かつでの『銀河鉄道999』のような、最近でいうと『ロストインスペース』のような、そんなワクワク感もあり、そんな観点でも非常にオススメです!

第4位 月影ベイベ(全9巻)

あらすじ:「坂道のアポロン」で、幅広い読者に支持された、小玉ユキの 次なる新しい世界は、伝統行事「おわら」を踊りつぐ町! 東京から転入してきた蛍子(ほたるこ)は、町の伝統「おわら」を踊れるが 人前では緊張して踊れなくなってしまう。 そんな蛍子にひかれる地元の高校生、光(ひかる)。 どうやら、光の叔父と蛍子は昔からの知り合いらしいが、 2人は何も語らない。 小さな町に吹き込む、謎と秘密の風。 情緒と青春を瑞々しく描く、新しい小玉ワールドを堪能ください!

特に今年どうこうって作品じゃないんですが、個人的には「そろそろ実写化発表あるんじゃないか?」と思っている作品。(今年は、ちょうど『坂道のアポロン』が実写化しましたね)

本作品は、富山県の伝統行事である「おわら踊り」が題材になっているんですが、舞台や醸し出す雰囲気が情緒豊かで良いんですわ。

小玉ユキ先生作品の特徴である「甘ずっぱい青春」も健在。絶妙な三角関係が光ります。

土屋太鳳ちゃん&山崎賢人くんコンビで見てみたいなぁと。(『まれ』のコンビですね。もはやキャストが曰く付きですが)

これも、10巻以内なので結構サクッと読めます。

第3位 からくりサーカス(全43巻)

あらすじ:遺産相続絡みで命を狙われる少年・勝と人を笑わせないと死んでしまう病にかかった男・鳴海、そして勝を助けるためにからくり人形を操る女・しろがね…。三人の運命が交錯する時、“笑顔”の本当の意味が…!?欧風熱血機巧活劇、ここに開幕!!

今年アニメ化が決まった時点で読み直して、やっぱり読み直しました。

この作品は「同時多発的にいろんなキャラのストーリーが始まって、最後全てが一つに収束する」感じが秀逸で。

加えて、泣けるシーン&アツいシーン&伏線回収なんかも余すところなく盛り込まれています。7

「絵がダメ」っていう人が多くて、本当に勿体無いので、騙されたと思って読んで欲しい!

詳細はこちらの記事でどうぞ!

からくりサーカス
漫画『からくりサーカス』:バスの中で吐きそうになるくらい面白い漫画 はじめに 映画にしろ漫画にしろ「この構造だと100%面白い!」みたいなストーリー展開の方程式があると思ってて、その一つに 「...

第2位 7SEEDS(全35巻)

あらすじ:ごちそうを食べて自分の部屋で寝たはず…だが目覚めると、ナツは荒れ狂う海の上にいた。どうして自分がここにいるのかわからない。やがて流れ着いた無人島。生きるための過酷な冒険が始まった!!

こちらも来年NETFLIXでアニメ化が決定!

絵柄はキラキラ少女マンガですが、中身は殺し!捕食!ゴ●ブリ!のオンパレード!荒廃した未来での過酷なサバイバルを描いた圧倒的大作です!

ちょうど海外ドラマの『LOST』を、日本人好みに味付けしたような作品で、重厚な人間関係とスピード感溢れる展開には息をのむものがあります。

アニメに先駆けて、このタイミングでイッキ読みするのもありかなぁと!

詳細はこちらでご紹介!

7seeds_catch
Netflixでアニメ化!7SEEDSが海外ドラマ級に面白い!誰しもにオススメしたい漫画『7SEEDS』がNetflixでアニメ化されます。その魅力を紹介!...

第1位 ANGEL VOICE(全40巻)

あらすじ:ケンカだったらレアル相手でも楽勝!! 腕に覚えのある“ワル”が集まり、“県内最強軍団”と皮肉られる市立蘭山高校サッカー部。その奇跡の物語が始まる。熱き心を取り戻せ!! 本格高校サッカー巨編!!

僕が今年出会った中で、一番人にオススメしたい完結作品はこちらです。

もともとは「W杯終わったし、なんかサッカー漫画でも読むか」っていう不純な動機で読み始めたのですが、

もうね・・・電車の中で何度泣いたことか。(そして哀れむような目な人々の視線が忘れられない)

感性はひとそれぞれだと思いますが、とにかく「ベタな感動モノ」に弱い人は、確実に涙でぐちゃぐちゃになると思います。

たしかに、スラムダンクっぽいし、ROOKIESっぽいんですが、ぜひ騙されたと思って一度読んでみてください!(欲を言えば、最初の方はあんまり面白くないので、10巻くらいまではイッキに読んでほしいです笑)

詳細はこちらで!

angelvoice
漫画『ANGEL VOICE』あらすじと感想:これぞ涙活!泣けるマンガの最高峰 はじめに ワールドカップが3ヶ月前なんて、信じられん! 時が経つのは早い。もはや3ヶ月なんて一瞬のように感じます。 ...

おわりに。来年も漫画をたくさん読もう

今年から「いろんな雑誌の新連載を読む」という活動を初めまして、圧倒的に色々な漫画作品に出会うことができました。

そんな活動をしていると気づくこと。そのどれもに「光るポイント」があって、「素晴らしい作品」だと思えるんですね。

改めて「漫画っていいなぁ」としみじみ思います。まさに、日本が誇る文化!

そんな漫画を、来年もたくさん読んでいきたいと思います!

それでは、今日はこんな感じで!!

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *