テンパステーション

エンタメって最高だ。天パって最高だ。

2018年7月23日〜7月29日の漫画新連載情報(調査対象29誌)

スポンサーリンク

f:id:YutoCruyff:20180721103816j:plain

最終更新日:2018年7月27日

 

 

はじめに

毎週更新。各マンガ雑誌の新連載をチェックしよう!のコーナーです。マンガ好きのあなたにぜひチェックしていただきたい記事になっています。

 

今回始まる新連載はこちら! 一挙8作品が開始!なかなかアツい作品が多い印象です(★は僕が勝手につけた期待度です)。 

 

  • 『アンダーニンジャ』花沢健吾(ヤングマガジン)★★★★
  • 『たかが黄昏れ』花沢健吾(ビッグコミックスペリオール)★★★★
  • 『進め!ギガグリーン』藤木俊(スピリッツ)★★★★
  • 『ロストフード』赤名修(イブニング)★★★
  • 『ハツコイ×アゲイン』華谷艶(Cheese!)★
  • 『宵の嫁入り』七尾美緒(Cheese!)★★
  • 『未亡人登山』板橋大祐(月刊スピリッツ)★★★
  • 『2.43 清陰高校男子バレー部』山川あいじ(ココハナ)★★★

 

更新方針

  • 翌週の新連載情報を調べる(対象は大手出版社系のマンガ雑誌)
  • 気になる作品があったら読んでみる
  • 読んだ作品については1話の感想を添える

 

7月23日〜7月29日の新連載情報 

『アンダーニンジャ』花沢健吾 期待度:★★★★

(ヤングマガジン No.34/7月23日(月)発売)

『たかが黄昏れ』花沢健吾 期待度:★★★★

(ビッグコミックスペリオール No.16/7月27日(金)発売)

 

 

作品情報
  • 『アイアムアヒーロー』の花沢健吾、2作品の新連載が始動!
  • あらすじは特に公開されていないようです

 

コメント

2誌で同時連載とは恐れ入りました!「スペリオール」は隔週ですから、「ヤンマガ」の方を隔週連載にして、実質週間ペースで描きあげていくんでしょうか。

 

『アイアムアヒーロー』は1巻の始まりから、盛り上げ方のところが大好きだったので(最後は微妙でしたが…)、新作にも相当期待しています!

 

1話目の感想(アンダーニンジャ)

忍者が存在する、架空の現代が作品の舞台。その数は20万に及ぶといわれていますが、実際定職についていない忍者もいる訳で。

 

主人公は、そんな「ニート忍者」。そんな主人公のところに、ある日「高校潜入」の依頼が降りてくるところからスタート。

 

『アイアムアヒーロー』もそうでしたが、話が起動に乗るまでに時間がかかるのが花沢作品の特徴であり、味な部分。案の定、一話だけでは何の作品かわかりませんが、気長に楽しもうと思います。

 

1話目の感想(たかが黄昏れ)

もともと、予告では『わたしはまだ「男」を知らない』というタイトルでしたが、タイトル変わったんですかね?

 

と、思ったら目次にも雑誌の表紙にも明確にタイトルが書いてないので、これがタイトルですらない可能性もあります。

 

肝心のストーリー(ネタバレ)ですが、日本に「男」が存在しない世界らしいです。1話はその導入で終わりました。

 

上記の『アンダーニンジャ 』もそうですが、どちらも「ifの日本」を描いた作品になっているようです。

 

 

『進め!ギガグリーン』藤木俊 期待度:★★★★

(スピリッツ 34号/7月23日(月)発売)

 

作品情報
  • 『はじめてのあく』『こわしや我聞』『だめてらすさま。』の俊英が青年誌初登場!
  • ヒーローの概念を吹き飛ばす!新時代のスーパーヒーロー奮闘記!
  • あらすじ:ヴィラン(悪役)とスーパーヒーローが対立する世界。念願叶って正義のヒーローチームに就職できた主人公だが、出勤早々チームリーダーにとんでもないトラブルが・・・!

 

コメント

かつて藤木先生の『はじめてのあく』が結構好きだったので、これは期待です!

 

昨今のマーベル映画ブームや『僕のヒーローアカデミア』のヒットをきっかけに、最近はこういったヒーローモノのマンガが増えてきたように思います。その中で、どのように差別化するのか。

 

ゴレンジャーにおける「緑」のキャラ設定は、「若さ」であったり「無邪気さ」だったようです。本作も、若くて無邪気な主人公がチームを引っ張っていく的なストーリーになるんでしょうか。

 

1話目の感想

主人公は、緑という地味な色にコンプレックスを持っている若手ヒーロー。キャラとしては元気系で、「THE・主人公」といった感じです。

 

ヒーローといえば、まず思いつく色が「赤(レッド)」ですが、この作品におけるレッドは敵にも一目おかれ、完璧なヒーロー。

 

TV取材に、大量のサイン。人気ものの彼はとにかく多忙な毎日を過ごしていました。

 

そして、ある日突然糸が切れてしまい、音信不通に・・・

 

確かに、自分の職場でも元気で明るかった人が、急に会社にこなくなるときがあります。この先の展開はまだまだ予想がつきませんが、ポップなテイストで描かれているわりに、意外と「現代社会の生きづらさ」に踏み込んだ作品なのかもしれません。

 

 

『ロストフード』赤名修 期待度:★★★

(イブニング No.16/7月24日(火)発売)

 

作品情報
  • その存在は飽食ニッポンが産み落とした"錬金術師"と言っても過言ではない。「勇午」の赤名修が贈る、新感覚のヒーロー、ここに降臨!!
  • あらすじ:「舌の記憶」に自身はあるか?時代と共に過ぎ去っていく今は無き懐かしい味、その名は"ロストフード"。零細私立探偵・百武が持つもうひとつの「顔」…、否!その鋭敏な「舌」が今は無き"味"の再現とその時代の風景を鮮明に描き出す!

 

コメント

アフタヌーン&イブニングで連載していた『勇午』という作品の先生による新作です。赤名先生はこれまで原作は別の方が担当されていた事が多かったのですが、今回は原作も赤名先生が担当。

 

肝心の内容ですが、グルメ×探偵という、グルメ漫画供給過多の時代における新機軸となりそうです。ストーリーを読む限り「グルメ」と「探偵」どちらに比重が置かれているかわかりませんが、果たして・・・

 

1話目の感想

なるほどー!ロストフードっていうのは「かつて市販されていたけど、現在は売っていないもの」を指していました。例えば今は西日本でしか売ってない「カール」とか。

 

そして、主人公はその味を再現できる男らしいです。

 

上記では、「探偵とグルメ、どっちに振るのか?」なんて書きましたが、完全に「グルメ」寄りっぽそうですね。

 

「懐かしー!こんな食品あったねー!」っていう、懐古需要を満たす作品になりそうです。上手くいけば流行りそう!

 

とりあえず、チキンラーメンが食べたくなりました。

 

 

 

『ハツコイ×アゲイン』華谷艶 期待度:★

(Cheese! 9月号/7月24日(火)発売)

 

作品情報
  • 最初のモトカレをインスタでこっそり見てドキドキしたことある人必読です!
  • 今ならきっと、あの頃よりもっと上手に-。運命の恋が、もう一度始まります!
  • あらすじ:テキトーな彼氏、女子の嫉妬。苦い恋が積もって・・・初恋の輝きは遠い過去に-なんてしたくない!大1、再開した初カレと、ラストの恋します!

 

コメント

モトカレをインスタで見る時代なんだなぁと!僕もかつてmixiで元カノのプロフィールを検索したりしたこともあったので、この作品を読む資格はあるのかもしれません!

 

以前『モトカレ←リトライ』という作品を描いていた先生の新作なのですが、あらすじを見る限り、結構前作とストーリーが似ている気がする・・・のは気のせいでしょうか。

 

  

『宵の嫁入り』七尾美緒 期待度:★★

(Cheese! 9月号/7月24日(火)発売)

 

作品情報
  • 天才が送る今作は、なにやら妖しくてとっても楽しげ!
  • 女子高生が借金のカタにイケメン弁護士と結婚!?
  • あらすじ:女子高生・宵の祖父が、彼女を残して逝った夏。独りになった宵は家を守るため、ある男との結婚を決意する・・・!

 

コメント

『Cheese!』は攻めますね!1回で2作品の新連載を放出とは。

 

七尾先生はこれまでも『ペン先にシロップ』や『私は天才を飼っている。』など、Cheese!で数々の連載をこなしているベテランです。

 

とにかく一見ドSっぽいけど、時々優しいイケメン満載!きっと今作もその路線な気がします。

 

 

『未亡人登山』板橋大祐 期待度:★★★

(月刊スピリッツ 9月号/7月26日(木)発売)

 

作品情報
  • 登山男子×未亡人、山に登り、恋に落ちる。センチメンタルな登山恋愛物語。
  • 好きな人ができると、景色が変わる・・・世界が輝くー
  • あらすじ:「山に登るなら一人がいい」そう思っていた加賀山峻。彼はある日、登山に適さない軽装で登る女性と出会う。怪我や事故を心配し、世話を焼くうちに同行することになった峻は、彼女が頂上を目指す理由を知ってしまい・・・ 
コメント

割と、あらすじからストーリーが読めてしまうような・・・笑

 

おそらく、なくなった旦那さんは山の事故で無くなってるのかな?でもそれだと、その危険を知りながら「軽装で登る未亡人」っていうのもおかしな話ですね。

 

登山マンガといえば、『岳』『孤高の人』『神々の山嶺』など、「山の危険性」に重きが置かれた作品が多いように思いますが、こういった山を題材とした恋愛モノは意外と珍しいかもしれません。

 

山好きの友人によると、最近は「山コン」っていう山登り×合コン的なイベントも積極的に行われているそうですね。

 

ちなみに、前述の『神々の山嶺』は我々を奮い立たせてくれる素晴らしい作品で、ぜひ読んでいただきたい作品の一つです。

 

1話目の感想

1話は大方あらすじの通りでした。

 

未亡人と聞いて思い出すのは、やはり『めぞん一刻』。

 

新しい恋が、亡き夫への裏切りにつながるのではないか。という葛藤がどのように描かれるのかが気になるところです。

 

 

『2.43 清陰高校男子バレー部』山川あいじ 期待度:★★★

(ココハナ 9月号/7月27日(金)発売)

 

 

作品情報
  • 原作はWeb連載で人気の小説
  • あらすじ:弱小高校バレー部に入ってきたのは元強豪校のエリート選手。やる気のない部員を尻目に一人黙々と練習を始める。そして、弱小部に変化が・・・!

 

コメント

やる気のあるメンバーが、弱小部を中から変えていく。王道中の王道的ストーリーですが、もともとWeb小説で人気の作品らしいですね。

 

「ココハナ」という、少女漫画雑誌でスポ魂モノがどう描かれていくのか、気になるところです。

 

ちなみに、2.43は2m43cmの意味で、バレーボールのネットの高さの意味です。通常、高校のバレーボールのネットは2m40cmですが、春の高校バレー(いわゆるバレーボールにおける甲子園的な大会)のみ、2m43cmとのこと。「2.43」という数字には、「バレーボールで日本一を目指す」という強い思いが込められていそうですね。

 

 

今回の新連載は以下の8作品!

  • 『アンダーニンジャ』花沢健吾(ヤングマガジン)★★★★
  • 『私はまだ「男」を知らない』花沢健吾(ビッグコミックスペリオール)★★★★
  • 『進め!ギガグリーン』藤木俊(スピリッツ)★★★★
  • 『ロストフード』赤名修(イブニング)★★★
  • 『ハツコイ×アゲイン』華谷艶(Cheese!)★
  • 『宵の嫁入り』七尾美緒(Cheese!)★★
  • 『未亡人登山』板橋大祐(月刊スピリッツ)★★★
  • 『2.43 清陰高校男子バレー部』山川あいじ(ココハナ)★★★

このボリューム!過去最多かもしれません!果たして、明日の大ヒット作品は生まれるのか!要チェックや!!

 

なお、この記事に関しては僕の知りうる主要漫画雑誌の公式サイトを見たり、ニュースサイト系を見て情報を集めているのですが、もし抜けている作品があったり、そもそもの調査対象誌コミック誌で抜けているものがあれば、ぜひ教えていただければと思います。

  

(調査対象コミック誌)

週刊少年ジャンプ/ジャンプSQ/グランドジャンプ/週刊ヤングジャンプ/別冊マーガレット/ココハナ /cookie/週刊少年サンデー/ビッグコミックスピリッツ/月刊スピリッツ/ビックコミックオリジナル/ビッグコミックスペリオール/チーズ/ベツコミ/週刊少年マガジン/別冊少年マガジン/ヤングマガジン/月刊ヤングマガジン/モーニング/アフタヌーン/イブニング/別冊フレンド/デザート/BELOVE/KISS/ITAN/週刊少年チャンピオン/ヤングエース/ヤングアニマル/花とゆめ

 

このブログでは漫画に関する有益情報を更新していく予定です!読者になっていただけたらとても喜びます。

 

 

また、twitterでは1話を読んだらすぐつぶやく予定!よければこちらもフォローください!