テンパステーション

エンタメって最高だ。天パって最高だ。

2018年5月〜8月の新連載をふりかえる

スポンサーリンク

f:id:YutoCruyff:20180812230718j:plain

 

はじめに

マンガ雑誌の新連載をかかさずチェックして、毎週その情報を記事にしています。早いもので始めてからもう3ヶ月が経ちました。

 

↓最新の新連載情報はこちらをチェック↓

 

漫画の新連載を追う行為は僕の趣味であり、後々振り返れるという意味でも自分自身に一番需要がある記事だったりします。

 

色々試行錯誤しながら、いずれは「漫画好きがチェックするような場」にできたらいいなぁと、

 

そんなことを思いながら毎週ねりねり更新している訳ですが、今週はお盆ということもあり、どの雑誌も「お休み期間」なんですね。

 

ということで、僕も今週は「新連載情報」という視点ではお休みし、記事執筆を開始した5月から8月までに、各誌がどれくらいの新連載を世に放ったのかを振り返ることとしました。

 

 

各誌の新連載作品数

個人で追っているということもあり、結構漏れていると思うので、あくまでも参考データとして見て欲しいんですが、自分が調べている計29誌の新連載数はこんな感じです。(読み切りは除く)

 

<各コミック誌の新連載作品数> 

f:id:YutoCruyff:20180812234522p:plain

 

意外にもサンデーは0。(コナンスピンオフの『ゼロの日常』開始の直後に、この企画を始めましたので、それ以降は全く新連載がありません。この状況がゼロの日常!

 

対して、マガジンはどんどん新作を投入しています。そして、少女漫画系も月一発売の割には新作投入ペースが早い印象です。

 

昨今は雑誌ではなく、Webメディア(ジャンプ+やマンガワンなど)での新作発表も増えてきていますので、この数値だけが全てではありませんが、出版社の傾向がちょっとずつ見えてきて面白いなぁと思っています。

 

  

続きが気になる作品

 

この3ヶ月で50作品以上の新連載を見て来ましたが、その中でも「1話を読んで続きが気になった作品」を3つ紹介します。

 

『ブルーロック』原作:金城宗幸/漫画:ノ村優介

(週刊少年マガジン 35号/8月1日(水)発売)

  

ワールドカップが終わって、ちょうど「サッカー漫画」が読みたい!という僕の気持ちが読まれているかのようなタイミングで発表された本作品。

 

原作は『神様の言うとおり』や『僕たちがやりました』の金城宗幸先生。王道ではなくちょっと変わったサッカー漫画になりそう、という予想が見事に当たり、とんでもない作品になっていました。

 

この作品、将来の日本代表を目指す300人のFW(フォワード)が青い監獄(ブルーロック)という施設に閉じ込められ、見込みのない者からどんどん脱落していくという「バトルロワイアル」的なストーリーだったのです。全然サッカーマンガじゃねぇ!

 

作中いきなり本田選手・香川選手を「カス」と言ってディスるなど、すでに炎上している模様・・・!

 

しかし、そういった「人に教えたい議論の余地」もそうだし、テンポと見せ方もよく、個人的には最近の中で一番気になっている作品です。

 

1話はこのマガジンで読むことができます。

 

 

『ロストフード』赤名修

(イブニング No.16/7月24日(火)発売)

  

アフタヌーン&イブニングで連載していた『勇午』という作品の先生による新作です。赤名先生はこれまで原作は別の方が担当されていた事が多かったのですが、今回は原作も赤名先生が担当。

 

ロストフードっていうのは「かつて市販されていたけど、現在は売っていないもの(例えば今は西日本でしか売ってない「カール」とか)」を指していて、主人公はその味を再現できる男らしいです。

 

1話完結で、依頼主の「この味を再現して欲しい!」に答えていくような展開。

 

「懐かしのレトルト食品」を、豆知識を交えながら再現していくストーリーはなかなかに斬新です。そして絵がめちゃくちゃ上手いので、単純にお腹が空きます

 

気になる1話はこの号に掲載されています!

 

『たかが黄昏れ』花沢健吾

(ビッグコミックスペリオール No.16/7月27日(金)発売)

 

もともと、『わたしはまだ「男」を知らない』というタイトルで告知されていましたが、正式に『たかが黄昏れ』に決まりました。

 

花沢先生の代表作『アイアムアヒーロー』の時と同じく、しばらく「話の本筋」が見えてこないように思います。なので、現時点では何の話か全くわかりません

 

ただ、「男が存在しない世界」という設定が既に面白そう!今後の展開は色々妄想できますね。

 

1話はここから読むことができます。

 

 

おわりに

今後も気になる作品は1巻を買って、継続して読んでいきたいと思います。そして、アニメ化や実写化が決まる前、マンガ大賞にノミネートするその前に「この作品知ってる〜?」とみなさんに布教するのが小さな野望。

 

とっても微力ではありますが、そんな取り組みによって「日本の漫画文化の発展」に少しでも貢献できたら嬉しいなと思いつつ、来週からも更新頑張ってゆきます!

 

今後とも、あたたかい目で見守ってくださいね!

 

 

このブログでは他にも色々なエンタメ情報を更新していく予定です!読者になっていただけたらとても喜びます。

 

 

また、twitterでは1話を読んだらすぐつぶやく予定!よければこちらもフォローください!