新連載情報

【新連載まとめ】2018年9月に連載が始まる漫画

new_201809

最終更新日:2018年9月22日

はじめに

毎週更新。各マンガ雑誌の新連載をチェックしよう!のコーナーです。マンガ好きのあなたにぜひチェックしていただきたい記事になっています。

最新の新連載情報はこちらをチェック

2018年9月の新連載

『ブレードガール 片脚のランナー』重松成美

(BE LOVE 18号/9月1日(土)発売)

  • 向かい風も味方に、走り出せ人生!
  • 「花コイ少年」の重松成美、義足で全力疾走!
  • あらすじ:骨肉腫で片脚を失った女子高生、鈴。生きる希望を失った彼女だが、ある義足技術者の出会いで人生が大きく変わり・・・

 

足を切断したことにより挫折した主人公がランニングに出会うところから始まります。失ったことを後ろ向きに捉えるのではなく、前向きに捉える。という気づきを得た主人公が、パラリンピックの舞台に立つまでにどのようなドラマがあるのか、注目です!(ところで、パラスポーツ漫画と言えば真っ先に思い浮かぶのが井上雄彦先生の『リアル』。15巻はいつでるのかなぁ・・・。14巻が発売されてから、もう4年が経とうとしている・・・)

『グランジェリー』原作:鰤/牙 漫画:夜桜エレル

(ヤングエース 10月号/9月4日(火)発売)

  • 乙女✕パンツ✕バトル=ベストフィット!
  • あらすじ:下着オタクの女子高生・結衣のもとに降臨した、力を持つ下着<グランジェリー>。聖なる縞パンに選ばれた少女が、街の平和を守るため、謎のモンスター・ネイキッドに立ち向かう!鰤/牙と新進気鋭。夜桜エレルの大注目タッグで贈る<ガールズ✕パンティ>アクション!

 

KADOKAWAっぽいぶっ飛び具合! 「ガールズ✕パンティアクション」なんて単語、今後一切口にすることはないでしょう!「服をまとって戦う」といえばアニメ『キルラキル』を思い出しました。あのアニメも相当ぶっ飛んでましたが、後半はアツい展開続きで良作です。

『卑弥呼』作:リチャード・ウー/画:中村真理子

(ビッグコミック 18号/9月5日(水)発売)

  • 邪馬台国は畿内か?九州か?その女王は絶世の美女か?人を惑わす妖女か?
  • あらすじ:未だ多くが謎に包まれたままの「邪馬台国」。最新の学説に基づきながら大胆な解釈を加えたロマンと戦乱の物語が、ここに幕を開ける!!

 

原作者のリチャード・ウー氏、中国人?と一瞬思いますが、れっきとした日本人です。本名は長崎尚志さんと言います。実は長崎さんは「浦沢直樹作品」の大半のストーリーを共同制作されている方で、超ヒットメーカー。『20世紀少年』も『BILLY BAT』も、浦沢先生と一緒に作品を作り上げているのがこの方。「リチャード・ウー」名義では、TOKIOの長瀬さん主演でドラマ化された『クロコーチ』なども原作担当しており、次なる作品もかなり期待できるんじゃないかと!

『シャドーハウス』ソウマトウ

(ヤングジャンプ  No.40/9月6日(木)発売)

  • 『黒』の奇才、初の週刊連載作品
  • あらすじ:不思議な洋館に住む、顔のないシャドー一族と、世話係の”生き人形”たち。彼らが織りなす、摩訶不思議な日常とは・・・?

 

絵柄がとてもかわいらしく、ダークな雰囲気がしっかりしています。主人と召使いの、不思議だけどほのぼのする関係性が綺麗な絵柄とマッチしていて、すごく引きこまれる作品でした。

『赫のグリモア』A-10

(別冊少年マガジン  10月号/9月7日(金)発売)

  • 少女たちが生死を懸けるダークファンタジー!
  • あらすじ:平凡な女子中学生・若葉が祖母から相続した巨大な洋館。そこで若葉が出会ったのは地下に幽閉された謎の少女。彼女を解放したことで、若葉は古より続く魔女たちの戦いに巻き込まれていく。

 

アダルト出身の漫画家による一般紙の進出パターンです。実は著名な作者でもアダルト出身の作者はたくさんいます。『ドリフターズ』の平野耕太先生とか、『クズの本懐』の横槍メンゴ先生とかね。「別冊少年マガジン」といえば「進撃の巨人」が看板作品。次なる看板漫画になれるか注目していきましょう!

『アイアンスノー』端野洋子

(goodアフタヌーン  10月号/9月7日(金)発売)

  • 愛ってなんだ!?若干ウザめの高校生が性と空手に迷走する!
  • あらすじ:若雪春斗は失恋で空手をリタイアした高校生。現在は年上の居酒屋女将の瑠璃とイケナイ仲だが、失恋の相手・沙羅先輩が刑事事件に巻き込まれたと聞いて、いても立ってもいられない!

 

先生のTwitterを見る限り、15禁のエピソードらしい笑。そして、あらすじからは全く予想できないストーリー展開。これはコメントできないですね笑。

『お仕事中のアイ・ラブ・ユー』さくらい

(イブニング No.19/9月11日(火)発売)

  • 超新鋭が贈るGAG4コマ
  • あらすじ:35歳独身の榊主任に訪れた突然の恋!その時、オフィスはバラ色と化した!

 

この先生、絵がめちゃくちゃ上手い!それでいてギャグ漫画っていうんだから、ちょっと期待してしまいますね。ところでTwitterに投稿されている予告カットに笑いました。たしかに、絵柄がホラーセンスが独特すぎます!

『AKECHI』イイヅカケイタ

(ヤングジャンプ No.41/9月13日(木)発売)

  • 新解釈!現代版・明智小五郎事件簿!
  • あらすじ:国民が知る”かの名探偵”は、本の街・神保町で謎に挑む・・・!

 

明智小五郎といえば、言わずと知れた江戸川乱歩作品における名探偵。現代を舞台にしたリブート版をやるみたいですね。ちょうど、海外ドラマで『SHERLOCK』っていう「現代版シャーロックホームズ」があって世界的に人気なんですが、あれと同じノリでしょうね。ちょっと面白そう。ちなみに作者の「イイヅカケイタ」さん、絵柄を見て「GANTZ」っぽいなぁと思ったら、ちょうどミラクルジャンプでGANTZのスピンオフ作品を連載されていたみたいです。これは未読ですが、試し読みする限り面白そう。

『やっかいな初恋は…先輩と』原田唯衣

(ベツコミ 10月号/9月13日(木)発売)

  • あらすじ:マジメがとりえの光里の前に現れた天敵・八木沢先輩。イヤな先輩だったはずだけど…!?

 

真面目女とやんちゃ男の組み合わせは、少女漫画の王道of the王道。ただ、少女漫画は王道を攻めてこそ受け入れられるというのも事実です。果たしてどのような作品になるのでしょうか。

『それはまるで雨傘のように』原作:りぃ/漫画:鈴峰あおい

(別冊フレンド 10月号/9月13日(木)発売)

  • エブリスタ小説大賞 別冊フレンド原作賞受賞作
  • あらすじ:先生がわたしを救ってくれた。心を閉ざした女子高生の、禁断の初恋−

 

漫画界における最近の新人発掘のカタチって本当に多様だなぁと思います。この作品もその一つ。「エブリスタ」という小説投稿サイトの「エブリスタ小説大賞」の受賞作品が原作となっています。また、作者のTwitterにあるように、漫画アプリ「Palcy」では、先行して1話が読める模様。いろいろ面白い取り組みをしていますね。

『JKキングダム♡東京』鷹巣★ヒロキ

(ビッグコミックスペリオール 19号/9月14日(金)発売)

  • JK VS 変態教師・・・感動のSF倒錯巨編
  • あらすじ:突如空から降ってきた「JK星人」は、人間に侵食し、次々と女子高生化させてしまう。人類最後の希望は・・・ド変態高校教師!?

 

あらすじからしてちょっとカオスな雰囲気。作者のTweetを拝見する限り、とても「バカバカしい」作品のようです。
絵はとても綺麗なので「真面目にバカをやる」テイストなんでしょうか。ちょっと面白そうですね!

『ニコ色のキャンバス』武田奈央

(BELOVE 19号/9月15日(土)発売)

  • 天才or変態!?ナニワ芸大青春ストーリー!
  • あらすじ:芸術家志望の若者たちがウジャウジャ集まる大阪のど田舎の芸大で、田舎モンの主人公・ニコの奮闘が始まる!

 

感覚的にですが、美術系の漫画が増えてきたように思います。最近だと「美術×スポ魂」の『ブルーピリオド』とか。
元をたどれば「ハチクロ」なんかも、ある意味美術系漫画と言っていいかもしれませんね。「芸術」もなかなか面白い分野だなぁと思っていて、「アツいエピソード」って描きやすいと思うんですよね。特にBE LOVEは『ちはやふる』をはじめとして「ドラマ性」に定評があると勝手に思っているので、今作にも期待してしまいます!

『思春期ルネサンス!ダビデ君』黒木雄心

(週刊少年ジャンプ No.42/9月15日(土)発売)

  • たぶんジャンプ史上初。2本同時新連載の1つ目
  • WAKUWAKUがおしよせルネサンス!なぜダビデ像が高校生!?
  • 作者の黒木雄心先生は、ジャンプに読み切り掲載経験ありの新人さん
  • あらすじ:ごく普通の恋する高校生はちょっと石像感が満載で・・・!?

 

ルネサンスでネタ持つかな・・・笑。ルネサンス絵画の構図に近いギャグが大オチで、これを毎回やる感じなんだと思います。Twitterの先生のキャラクターがとても真面目っぽかったのですが、内容は下ネタ中心のすっごくオゲレツなテンションでした笑。

『ジモトがジャパン』林聖二

(週刊少年ジャンプ No.42/9月15日(土)発売)

  • たぶんジャンプ史上初。2本同時新連載の2つ目
  • WARAIの波がジャッパーン!君の地元はどこだ!?ご当地ギャグ満載!
  • 作者の林聖二先生はジャンプ+で連載経験あり。本誌は初!
  • あらすじ:溢れだせ地元愛!日本席巻ご当地ギャグ満載!

 

都道府拳という拳法をマスターした主人公「日ノ本ジャパン」が、毎週いろんな県のご当地奥義を繰り広げるというギャグ漫画。最初から最後までハイテンションで、自分が好きなタイプの作品です笑。僕は埼玉出身なのですが、途中の「天は県の上に県を造らず・・・!」というのが名言すぎて救われました。パロディネタも面白いし、実は日本の名産の勉強にもなりそうだし、これからの展開が楽しみな漫画です!『お前はまだグンマを知らない』『翔んで埼玉』などの「地元イジリ漫画」のヒットに続けるか!

『ひとりぼっちで恋をしてみた』田川とまた

(月刊ヤングマガジン 10月号/9月20日(木)発売)

  • 広大な北の大地の片隅で、人生を変える恋の物語が動き出す
  • 作者の田川とまた先生は若手漫画家支援シェアハウスである「トキワ荘プロジェクト」出身。
  • あらすじ:今だけの恋だから命懸け。学校の先生に片思いしてるだなんてありふれてる。だけどカノジョにとっては一大事。雪国で生まれた秘密の恋物語。

 

舞台は北海道。美術部の女の子が先生に恋をするお話。いやぁ、想像通りめっちゃピュア!主人公の女の子が、なんとかして先生の写真をケータイに収めようとする姿なんてのは、自分の高校時代を思い出させます。最後にタイトルバックが表示される演出も、今となっては良く見ますが、やっぱり締まりがあっていいですね。

『一度は彼女になってみたい!』栄羽弥

(デザート 11月号/9月22日(土)発売)

  • 年下幼なじみと「やり直し」ラブ!
  • 作者の栄羽弥(さこうわたり)先生は『コスプレ★アニマル』や『女神のリーブラ』でおなじみの「デザート」を代表する作家
  • あらすじ:な〜んにも恋が始まらないまま20歳目前を迎えたセリ。ある日幼馴染の高校生・ちーちゃんと再開したことで、セリの生活が一変!?

 

おそらく、再開した年下幼なじみが、「昔はやんちゃで鼻たれだったのに、いつの間にか背もおっきくなってイケメンになってる・・・♪」的なストーリーです。

『美少年は災い』さゆ川さゆ

(月刊LaLa 11月号/9月22日(土)発売)

  • 拾いモノには恋がある!
  • あらすじ:お人好し大学生・唯が拾ったのは美少年・・・!?一緒に生活することになった美少年はとっても大胆で・・・!

 

美少年を拾ったら、まず役所に届け出るべき・・・!というのは置いといて、なぜ一緒に暮らすようになるのか、動機が気になるところ

『乾と巽-シベリア出兵秘史-』安彦良和

(月刊アフタヌーン 11月号/9月25日(火)発売)

  • シベリア出兵から100年の本年、巨弾連載始動!安彦良和、最後の新連載
  • 「これが最後の連載になるよ」ー日本を代表するアニメーション作家にして漫画家・安彦良和。『機動戦士ガンダム THE ORIGINE』など、数多の傑作を世に送り出してきた御年70歳の巨匠は、新連載の構想を編集部に伝える際、こう付け加えた。信じたくない、しかし、時は無情にも流れている。時代を切り開いた創作者が、いまふたたび歴史を更新する決意を自ら固めたのだ。我々はそれを、見届けねばならない。
  • あらすじ:砲撃の名手・乾と新聞記者の巽。戦火の中、二人の青年は運命的な出会いを果たす。

 

ガンダムのキャラデザを担当された安彦先生。もう70歳なんですね!シベリア出兵。あまり知らない歴史なので結構興味あります。情報量が多くて、なかなか読み応えのある1話目です!

『RaWHero』平本アキラ

(イブニング No.20/9月25日(火)発売)

  • 『監獄学園』の平本アキラ先生による新作!
  • 「ほ、ほんとに大丈夫なんだろうな!アキラ!(編集長)」
  • あらすじは現時点で公開されていない
  • PVにはビルの爆破シーンがあるので、本格的なヒーローモノ!?

 

一瞬、本格的な漫画が始まったので、「あれ?今回はこういうテンションで行くのかな?」と思いきや、中盤からは安定のクオリティでした。

『バトンの星』矢島光

(ヤングジャンプ No.43/9月27日(木)発売)

  • アラサーOL×男子高校生=バトントワリング物語
  • 作者の矢島光先生は、サイバーエージェントを脱サラして漫画家に!きっとOLの描写はリアルなハズ!
  • あらすじ:平凡なOL生活を送る桐谷。とある男子高校生との出会いが生んだ数奇な運命を目撃せよ!

 

男子高生がバトンやるの?OLがバトンやるの?年の差恋愛も楽しめそう!

『抱きしめてついでにキスも』美森青

(ココハナ 11月号/9月28日(金)発売)

  • 作者は『彼と恋なんて』『B.O.D.Y』でおなじみの美森青先生
  • あらすじ:朝日奈たま子(29)、好きなコスメの会社で働いて充実中。ある日、年下男子からの激アプローチが!?

 

情報がほとんどないですが、朝比奈たま子(29)は綾瀬はるかで脳内変換された

『スキーターらびっと!!』雨蘭

(ヤングアニマル No.19/9月28日(金)発売)

  • 作者の『無邪気の楽園』が今年5月に完結。四ヶ月後にスピード新連載!
  • ちなみに『無邪気の楽園』は小学生×エロで児童ポルノ扱い?され、Amazonでは扱っていない曰く付きの作品
  • あらすじ:「無邪気の楽園」の雨蘭がYA本誌に登場!今度は女子中学生が可愛く無邪気に飛び回る!

 

ちなみに、スキーター・ラビットはダンサーおよびその名を冠したダンス技の名前。ダンス×エロな感じ?

おわりに

この記事に関しては僕の知りうる主要漫画雑誌の公式サイトを見たり、ニュースサイト系を見て情報を集めているのですが、もし抜けている作品があったり、そもそもの調査対象誌コミック誌で抜けているものがあれば、ぜひ教えていただければと思います。

(調査対象コミック誌)

週刊少年ジャンプ/ジャンプSQ/グランドジャンプ/週刊ヤングジャンプ/ウルトラジャンプ/別冊マーガレット/ココハナ /cookie/週刊少年サンデー/ゲッサン/サンデーGX/ビッグコミックスピリッツ/月刊スピリッツ/ビックコミックオリジナル/ビッグコミックスペリオール/チーズ/ベツコミ/Sho-Comi/月刊フラワーズ/週刊少年マガジン/別冊少年マガジン/月刊少年マガジン/ヤングマガジン/月刊ヤングマガジン/モーニング/月刊モーニングツー/アフタヌーン/goodアフタヌーン/イブニング/別冊フレンド/デザート/BELOVE/KISS/週刊少年チャンピオン/ヤングチャンピオン/少年エース/ヤングエース/ヤングアニマル/花とゆめ/LaLa/月刊少年ガンガン/漫画アクション/コミックバンチ/ヤングガンガン/ガンガンジョーカー/ビッグガンガン

雑誌が更新され次第、随時更新していきますのでぜひブックマークをおねがいします!

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *