ビブルカード

ビブルカード 今後の発売ラインナップ予測(ONE PIECE VIVRE CARD)

vivre_next

はじめに

2018年9月4日に発売された『VIVRE CARD(ビブルカード)~ONE PIECE図鑑~』。

これは、自分で完成させるONE PIECEの「分冊百科」です。

当ブログでは毎月発売される「ブースターパック」を追いながら、以下のように解説記事を更新してきました。

【最新情報更新中】ONE PIECE『VIVRECARD(ビブルカード)』について最終更新日:2019年8月22日(今後の発売予測について言及しました) 最新情報 2018年9月4日に発売された『VIVRE CAR...

また、集めたカードを(主に自分向きですが)並べながら以下のように「コンプリート表」としてまとめてきました。

ビブルカード キャラクター番号コンプリート表(ONE PIECE VIVRECARD) 最終更新日:2019年7月4日(7/4発売分追加) はじめに 2018年9月4日に発売された『VIVRE CARD(ビブルカ...

そんな『VIVRE CARD』も、2019年8月をもって一旦「ブースターパック」の発売は終了。

以上をもちまして、解散!

と言いたかったところなのですが、コンプリート表を見て思いました。

…めっちゃ歯抜け多くない!?

そう、まだ登場していないカードがいくつも存在するのです。これはコンプリート表を見て初めて気づいたことでした。ということは、近い将来必ず「ブースターパック」の発売が再開されることは明白なのです。

ということで、この記事では歯抜けに入るキャラクターを予想しながら、今後の販売ラインナップがどうなるのかを予想してみました。

ナンバリングの法則

そもそも、この『VIVRE CARD』はどういう法則でナンバリングされているのでしょうか。

これは「麦わらの一味」を除くと、おおよそ「本誌登場順」で番号が割り振られています(ただし、名前だけや顔が隠れた状態で登場した場合は、後ほどハッキリ登場した際の番号が振られている)

なので、単行本を根気よく読んでいけば、抜けている番号に誰が入るのか、ある程度予測することができるのです。

メインのブースターパック

これまで「東の海”の猛者達!!」「集結!“超新星”!!」といったようにテーマ毎に区切られて発売されてきたブースターパックですが、最後に発売された「”四皇””ビッグ・マム海賊団!!」を含めると、割と終盤まで網羅されていました。

では次に発売されるのはどういう区切りなのかというと、もう「ワノ国の住人たち」みたいな、そんな感じになるような気はしています。

それくらい、メインどころのキャラはもう登場している印象。

では、今歯抜けになっているところにはどういう類のキャラが入るのでしょうか

ONE PIECEを彩る「彼ら」がまだ登場していない

実は歯抜けの部分を良く見ると「ONE PIECE」において欠かせない「彼ら」の存在が、まだ登場していないことに気づくのです。

それは、ズバリ動物たち!

アラバスタのマツゲや、パンクハザードのドラゴン、象主など、本編でドメインのキャラクターはすでに登場していますが、例えば空島編のノラ(大蛇・303?)やウォーターセブンのヨコヅナ(358)、ソドム(397)、ゴモラ(398)など、ガッツリ本編に関わっている動物キャラもまだ登場していないのです。

これは、明らかに今後セットになって登場するような気がします。特急エビとかヤガラとか「EX CHARACTERS」として登場しそうな「モブ動物」も結構いますしね。

その他魚人セットはあるのか

それから「動物」たちと比べるとインパクトに欠けるのですが「マクロ一味(おそらく497〜499)」や「ハモンド」など「本編でしっかり紹介されているけどカードになっていない魚人」も多く存在します。

すでに「暴走! 新魚人海賊団!!」というブースターパックが発売されているので、魚人くくりでもう1冊ブースターパックが登場するか?と言われると微妙な気もしますが、とりあえず魚人がごっそり抜けているのは事実。

もしかしたら「EX CHARACTERS」に一括りにされる可能性もありますね

今後重要になってくる政府要人

ほぼ間違いなく、今後の物語の鍵を握る「世界政府」。No.256〜261にはおそらく「五老星」のメンバーが入るのですが、まだカードとしては登場していません。

もし「世界政府編」が今後展開される場合は、その際にブースターパックとして登場する可能性はあるでしょう。

まだまだネタが尽きない「EX」キャラ

ブースターパックに必ず1〜2枚付属されるのが、その他キャラが一挙掲出されている「EX CHARACTERS」のカード。現時点で登場しているのが

  • “東の海”編 Vol.1〜Vol.5
  • アラバスタ編 Vol.1〜Vol.5
  • 空島編 Vol.1
  • “頂上戦争”編 Vol.1〜Vol.10
  • “白ひげ海賊団”編 Vol.1

 

となりますが、全然追いついていない印象。まだ以下のようなネタが残っているハズです。

  • 扉絵を彩るキャラクター編
  • 空島編Vol.2以降
  • 動物編
  • “フォクシー海賊団”編
  • ウォーターセブン編
  • スリラーバーク編
  • 魚人島編
  • パンクハザード編
  • ドレスローザ編
  • ホールケーキアイランド編
  • ワノ国編

 

思いつくだけでもこれだけありますし、あとはもしかすると「電電虫編」みたいなのも可能性があるかも…(あれ、船ごとにキャラが全く異なるので結構好きなんですよね)

そう考えると「EX CHARACTERS」だけが大量に収録されたブースターパックの発売もありうるかもしれませんね。(全然売れなそうだけど…!)

忘れがちな「スキルカード」

「EX CHARACTERS」と同じく、特殊なカードがあります。それが、「技」にフォーカスした「スキルカード」

が、これいまだに「ルフィ」「ゾロ」「サンジ」「ロー」の4種類しかありません。

しかも、それぞれ「Vol.1」と振られているのと、本編の登場技って果てしない数があると思うので、普通に考えると主要キャラ×技数で相当な枚数になると思うんですよね。

はたしてこのスキルカードをどう処理していくのか…。

そういえばスターターパックがある

ここで気づいたのですが、そういえば「スターターパックVol.3」もそろそろ登場するかもしれません。というか、販売再開のタイミングでVol.3が出る気がします。

 

この、キャラクターの身長を比較するデザインがなんともワクワクしていいですよね。

もしかすると、先述した「EX CHARACTERS」や「スキルカード」のまとめパックは、これ一緒に販売される可能性も高いかもしれませんね。

おわりに

ということで、ざっと今後の発売ラインナップを予想してみましたが、とにかく個人的には早く発売再開してほしいなと思っています。(なんだかんだで、毎月の楽しみだったんだよなぁ…!)

この『VIVRE CARD(ビブルカード)~ONE PIECE図鑑~』ですが、「1枚1枚並び替えられる図鑑」というアイデアが本当に秀逸だな、と改めて感じています。うまいなぁ、と。

今後、物語がいくら続こうが永遠にキャラクターを足せますし「EX CHARACTERS」として登場したキャラが、後々重要なポジションになっても、その時は「1枚のカード」として再登場させれば言い訳ですからね。

ただ、ナンバリングとかは本当に大変そう…。ここら辺は実際に作業/編集している人に労いの言葉をかけたいですね。(現に「サンファン・ウルフ」と「アーサー(EX)」がどっちもNo.648になっていたりして、整理の大変さが伺えます…)

とうことで、当ブログでは引き続き『VIVRE CARD(ビブルカード)~ONE PIECE図鑑~』の動向をウォッチしていきますので、おヒマな時にぜひのぞいてみていただければと思います。

それでは、今日はこんなところで!!

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *