テンパステーション -Tempa Station-

小ネタを挟みつつ、独自の視点でマンガや映画を褒めちぎります!このブログをきっかけに「人」と「作品」を繋ぐことができたらいいなと思います。

MENU

映画『ブラックパンサー』:花粉症って日本だけなのかしら(ネタバレなし)

スポンサーリンク

f:id:YutoCruyff:20180305234701j:plain

 

どうも、ユート・クライフ(@chiripama)です。

 

仕事を早く上がれたので、『ブラックパンサー』を観てきました!

 

IMAX3Dで観てきたんですが、花粉症が酷くて、途中からメガネを外してずっと目を擦ってました・・・

 

それでも、面白かった!興奮冷めやらぬ、ですね。

 

【小話】海外の花粉症事情

 

ブラックパンサー』の冒頭に、森の上空を戦闘機が滑空するシーンがあります。そのシーンを観た瞬間、大量のスギを連想し、鼻水が止まらなくなりました。

 

今年は、年始に池上彰大先生が「寒い夏が続いたので、今年は花粉少ないですよ〜」とおっしゃってたのですが、全然そんなことないです。あの時の安堵を返して欲しい

 

なんなら、今もかゆい。目を取り出してもみ洗いしたい。もしくは、ダイソンの布団クリーナーをまぶたの上からあてがって吸引したい

 

そんなことを考えていると、ふと「外国人って花粉症にならないのかなぁ」と考えるようになりました。スギって日本の木だし、ひょっとして「花粉症」って日本固有の症状なんじゃないかと?

 

 

どうやらこの記事によると、花粉症は日本以外にも存在するらしいです。が、スギ花粉ほど強烈な花粉症は海外にはないらしい。

 

これまでの人生で、おおかた「日本に生まれてよかったなぁ」と思ってましたが、この事実を知る限り、初めて日本が嫌になりました。

 

4月末にいよいよ『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が公開されます。かつてないほど強大な敵「サノス」と激突することになるらしいんですが、正直それより先にアベンジャーズにはスギ花粉を撃退してもらいたいですね・・・

 

ブラックパンサー』ってどんな映画?

さて『ブラックパンサー』は、上記にもあるアベンジャーズの一連のシリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の18作品目になっています。

 

このMCUシリーズ、確か今年で10周年なんですが、昔から大好きで必ずIMAX3Dで観るようにしています。

 

ただ、あまり周りに語り合える人がいない・・・!いつも嫁ちゃんを誘うんですが、微塵の興味も持ってもらえません。魅力を伝えられない自分のプレゼン不足を痛感します。

 

MCUは「共通の舞台における、多様なキャラクターの多様な成長物語」、この物語を年に数作品のハイペースで楽しめるんです。しかも、マーベル側も学習をしているらしく、作品数を重ねるごとに面白くなっていきます極上以外の何物でもありません!

 

今回の、ブラックパンサーも、そりゃもう最高でした!

 

ブラックパンサー』ざっくりあらすじ

 

ブラックパンサー(ティ・チャラ君)は、ワカンダ王国の国王。父親の不慮の死により、若くして王になってしまいました。

 

ワカンダ王国はアフリカの貧しい国なんですが、実は世界を欺いています。真の姿は、ワカンダ王国にしか存在しない、ヴィヴラニウム(噛みそう)という鉱石で発展した「テクノロジー国家」。この事実の守秘と、世界からの孤立が国王の役目になります。

 

そんなワカンダ王国では、王位を次いだ者がだけが飲める伝統の薬を飲むと、なぜかめちゃくちゃ強くなります。そして、超かっこいい全身タイツが与えられます。

 

全てが順風満帆なチャラ君。しかしある日、とあるニュースが飛び込んできます。どうやら、イギリスの博物館で「ヴィヴラニウム(噛みそう)で作られた斧」が盗まれてしまったようです。

 

こんなものが世界で出回ってしまったら大変!チャラ君は犯人を捕まえようとしますが、実はその犯人が、亡き父である先代国王が隠した重大な過去と大きく関わっていて・・・

 

果たしてチャラ君は、理系女な妹元カノミショーンアベンジャーズのどこかの映画で出てきたCIAの人と一緒に、犯人を捕まえることができるのか・・・!?

 

(一部、大げさな解釈をしています)

 

ブラックパンサー』を観て感じたこと

とにかく、パワフルな映画だったなぁと。

 

音楽プロデューサーが「ケンドリック・ラマー」ってラッパーなんですが、まず音楽が超絶カッコいい。アフリカの民族音楽とゴテゴテのビート感がうまく融合してます。すでにアルバムも出てるみたい。

Black Panther: The Album

Black Panther: The Album

 

 

曲でいうと、今回エンディングが素晴らしかったです。

 

毎回MCUは「エンディングいいなぁ」と感じるんですが、今回は超絶おしゃれでした。砂を使ったアートと、ケンドリックラマーのこの曲。いいですね。

 

 

 

音楽以外でパワフルだなぁ、と感じたのは「女性キャラクター」ですね。出てくる女性がほぼ全員マッチョで、かなり強い。理系女な研究員キャラもガンガン戦います。

 

僕はよく映画やドラマを観ながら「この中で付き合うなら誰かな〜」という妄想をするんですが、正直この映画に限っては該当者ゼロでした。どの女性と付き合ってもボコボコにされそう・・・

 

ただ、女性のパワフル感が妙に心地いいなぁと。男性軍団を女性軍団が圧倒するシーンなんて、案外観ないですよね。

 

それから、マーベルといえばやっぱりバトルシーン!今回は、韓国が舞台の「カーチェイス」が最高でした。

 

 

あ、ちなみに残念だった部分もあります。

 

ブラックパンサーがツメで車やビルを引っ掻きまわるシーン。黒板引っ掻く系の音がキツかった・・

 

  

この俳優に注目!

 1. ダナイ・グリラ

 

ウォーキング・デッド好きにはもうおなじみですね!ミショーンの人です。ワカンダ王国の親衛隊長を務めます。

 

ウォーキング・デッドでは日本刀をぶん回してますが、『ブラックパンサー』でも槍をぶん回します!相変わらず容赦ないです!筋肉ムキムキ!

 

今作ではお茶目な一面も!まさかのギャグ要員で新鮮でした。

 

 

2. マイケル・B・ジョーダン

本作の敵キャラ「エリック・キルモンガー」を演じる俳優さんです。

 

MCUの映画って、意外と敵キャラの印象が薄いイメージなんですが、今回はちょっと違いました。「完全なる悪」とは違うアプローチの敵キャラになっています。

 

あと、この写真だとあんまり分からないですが、すごい甘いマスクなんですよね。途中から斎藤工さんに見えてくる瞬間も・・・!(僕だけ?)

 

 

3. チャドウィック・ボーズマン

はい、出ました!ここで主役登場です!

 

毎回「天パなキャラ」や「アフロなキャラ」に目がいってしまう私ですが、今作はほぼ全員天パといっても過言ではありません。中でもグッときたのが、やはり主人公。

 

若くして国王になったことで、弱い部分と強い部分を併せ持つ、そんなキャラクターを見事に演じてたと思います!ボーズマンって名前も覚えやすくていいですね!

 

  

勝手に関連作品

映画を見ながら、ちょっと頭をよぎった作品を紹介します。

 

1. キングダム 32巻 

 

『キングダム』は誰にオススメしても必ずハマってもらえる鉄板漫画なんですが、その中でもベスト5に入る好きなシーンが32巻にあって、今回映画のとあるシーンでそのシーンに似た興奮を覚えました。

 

 

2. キングダムハーツ

 

上と「キングダム」被りは偶然です!『キングダムハーツ』って、ディズニーキャラクターがたくさん出てくるスクエニRPGなんですが、その中でミッキーの立ち位置が「王様」なんですよ。

 

で、王様なんですけど、なぜか前線で戦いまくるんですよ。しかも国をしばらく不在にしている間に行方不明になってしまうという。

 

当時中学生だった僕は「王様なら後方でどしっと構えてればいいのに」と思ってたんですが、「ブラックパンサー」も国王が前線でドンパチしてたので、ふとそんな若かりし頃の感情を思い出しました。

 

 

3. レクサス

 

カーチェイスのシーンでブラックパンサーが乗ってた車がレクサスの「LC500」って車らしいんですが、改めてめちゃめちゃクールですね。レクサスって、グリル(顔の鼻と鼻から下の部分)が凄いかっこいいなと思います。憧れの車種です。

 

 

 

と、いうことで長くなってしまいましたが、4月の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は面白いことが約束されているので、まだMCU作品を観たことない方も、ぜひぜひ「ブラックパンサー」から観ていただきたいと思います!

 

 

この作品は、こんな人にオススメ

  • イケてる音楽でアガりたい人
  • パワフルな女性に圧倒されたい人(主にMな人)
  • 悪役にもちょっと感情移入できちゃう作品を求めている人

 

本日の「おじさんのにがおえ」

https://www.instagram.com/p/Bf8dj4LAR86/

No.24 ギレルモデルトロ監督趣向を変えて、パシフィックリムのイェーガー風に似顔絵描いてみましたアカデミー賞4部門受賞おめでとうございます(46分03秒)#おじさん #似顔絵 #portrait #ギレルモデルトロ #guillermodeltoro #パシフィックリム #シェイプオブウォーター #アカデミー賞 #絵 #お絵かき #絵描き #イラスト #マンガ #まんが #おもしろ画像 #clipstudio #ペンタブ #おもしろい

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。このブログでは、これからも自分の好きなエンタメを紹介していく予定です。

例えば漫画の話や

映画の話

育児日記も。

 

気ままに書いてますが、もし読者になっていただけたら死ぬほど喜びます!

これからもよろしくお願いします。