映画レビュー

映画『レディ・プレイヤー1』感想:そういえばセカンドライフってどうなった??(ネタバレなし)

readyplayer1

はじめに

映画『マトリックス』のような仮想空間の世界が現実になる!

こんな触れ込みで大々的にプロモーションされた「セカンドライフ」。みなさん覚えていますか?

確か僕が大学生の頃なので2007年〜2009年くらいだったと思います。当時は相当話題になった印象があります。

f:id:YutoCruyff:20180502101132j:plain
(second life 公式サイトより)

自分の好きなアバターを作成し、セカンドライフという名の仮想空間で第二の人生を歩む。

日本のメディアでも多く取り上げられ、多くの人が「これからはセカンドライフの時代が来る!」なんて言っていたので、当時僕も相当心踊りました。わからない英語を一生懸命調べ、アカウントも作成しました。

しかし、結局そんな時代は来なかった・・・。

僕を含め、いろんな人が口を揃えて言っていたのが「で、だから何?」「仮想空間にログインしたあと、何をすればいいのかわからない」「普通のチャットでいいんじゃないの?」

そう。セカンドライフは概念だけが先行していただけで、実際にすることがない、そんな「未完成の仮想空間」だったのです。

そのまま「セカンドライフ」を忘れかけて早10年が過ぎ、突如現れたのが

レディ・プレイヤー1

この映画には、結局僕はセカンドライフにこれを期待してたんだな。という妄想の答えが全て詰まっていました。きっと、これが仮想空間の完成形

VRや仮想空間にこんな未来が待っているなら、ちょっと楽しみかもしれません。

今日はそんなレディ・プレイヤー1の魅力をご紹介したいと思います。

『レディ・プレイヤー1』のあらすじ

これこれ!オレはこれをスピルバーグに期待してたんだよ!

僕より先にこの映画を観た会社の同僚も言っていたように、本作のストーリーは単純明快。

『インディジョーンズ』や『ジュラシックパーク』など初期のスピルバーグ作品のように、わかりやすい展開がウリの一つだと思っています。

舞台は2045年。世界は荒廃していましたが、人々はそんな現実を忘れようと「オアシス」という名の仮想空間に入り浸るようになりました。

主人公のウェイドもその一人。ある目的のために1日の大半を仮想空間で過ごします。

その目的とは、仮想空間「オアシス」の創始者ジェームズ・ハリデーが、死の直前に仮想空間内に残した莫大なお宝を探すこと

ウェイドのようなプレイヤーだけでなく、IOIという企業もまた、組織全体でこのお宝を狙っています。

果たして、ウェイドはハリデーの残したお宝をIOIよりも早く見つけることができるのか・・・!

世はまさに大海賊時

『レディ・プレイヤー1』の魅力って?

進化した映画の姿。140分のアトラクションがそこに!

予告を観たときに、これは絶対4DXで観るべきだな!と直感的に思いました。

その予想は正しかった。映画を観てこんなに「楽しい!」と思ったのは初めてかもしれません。まるで、140分間ずっとアトラクションに乗っている感じ。

4DXは過去に2回(マッドマックスとジャスティスリーグ)体験したことがあったのですが、満足度は圧倒的No.1です。

雰囲気はこれを観ていただければわかると思いますが、とにかくスピード感がすごい!

この動きに合わせて、椅子は動くわ、風はビュンビュン吹くわ。4DXのために作られた映画と言っても過言ではないでしょう!

オタクカルチャーの融合とありえないコラボ

誰もが知っている名曲ヴァン・ヘイレンのJumpで始まるオープニングから、ラストシーンまで、とにかく多くのキャラクターや車、ロボットなどが登場します。

上記の3分半のプロモーションムービーにすら、既にT-REX(ジュラシックパーク)、インターセプター(マッドマックス)、金田のバイク(AKIRA)、デロリアン(バックトゥザ・フューチャー)、キングコングなど、そうそうたる顔ぶれのオマージュが登場してますよね。

他にも、キティちゃんバツ丸、デスノートのリュークなども登場するカオスっぷり。

映画のクライマックスには、全ての日本人男性が興奮する夢のカードも用意されています。対象年齢的にはアラフォー世代を想定しているっぽいですが、30歳の僕も大興奮でした。(BGMもちゃんと作ってて、感激

とにかく数え切れないほどのオマージュが登場しているので、DVDを買って都度停止しながら観たい・・・!そんな映画になっています。

実はキャストも魅力的

アベンジャーズと連日で鑑賞したこともあり、キャスト面では知らない人が多くしょぼく見えがちですが、そのぶん新しい発見も多かったです。

まず、ヒロインのオリビア・クックさん

どことなく、ももクロの百田夏菜子ちゃんのような佇まい。日本人好みの顔だなぁと。

初登場は仮想空間上で、「現実の私を観たら幻滅する」みたいなセリフがあるんですが、この顔でそのセリフは逆に嫌味だよ

そして、日本人役として登場の森崎ウィンくん

普通に日本で活躍している俳優なんですね!全然知らなかった。

ハリウッド映画における日本人キャストとしては珍しく『インセプション』の渡辺謙ばりに目立ってます。アクションシーンもかっちょいい!

これから日本でのファンが一気に増えるんじゃないでしょうか。

そしてキャストといえば、やっぱりサイモンペッグがよかったなぁ。

この人、本当にカメレオン役者ですよね。

今回は結構ちょい役なんですが、あるシーンの表情がすっごく良くて、その演技だけでちょっと泣きそうになってしまいました

勝手に関連作品 〜オマージュがアツい作品〜

さて、ここで『レディ・プレイヤー1』を観て思いついた作品について紹介します!

『シュガーラッシュ』

大好きなディズニーアニメ作品のひとつです。今年続編も公開されます。

今思うと、いろんな作品がオマージュとして登場する映画としては先駆け的な存在ですね。

アーケードゲームの悪役「ラルフ」がヒーローになるために頑張るっていうストーリーなんですが、色々なゲームキャラが登場。

悪役でいることのつらさを共有しあう、この悪役セラピーっていう設定が面白いですよね。

f:id:YutoCruyff:20180502113030j:plain
(公式Facebookより) 

よく観ると、ベガとかクッパがいます。そして、ザンギエフも(いつのまに悪役に?笑)

この映画、何が良いってラストはめちゃめちゃ泣けるっていうところ。僕も劇場で大泣きした記憶があります。

テーマ・構成も『レディ・プレイヤー1』と近しいものがあるので、もし『レディ・プレイヤー1』にハマったなら、絶対おすすめな映画です。

『ドリフターズ』

日本で何かオマージュ作品ってあるかな〜と考えたときに思いついたのがこの作品。

正確にはオマージュじゃないかもしれないですが、織田信長とジャンヌダルクと安倍晴明が戦う!的なストーリー展開は『レディ・プレイヤー1』のありえないコラボに近い感覚があるのではないかと。

連載ペースが遅いので、ストーリーほとんど覚えてないんですが、もう一度読み直してみようかしら。

【小話】セカンドライフってどうなった?

冒頭で「セカンドライフ」について言及しましたが、そういえば今セカンドライフってどうなってるんだろう、と思ったので調べてみました。

結論からいうと、まだ存在していました!(てっきりサービス終了したかと思ってたぜ・・・!)

 

映像を観る限り、VRにも対応しているみたいですね。

仮想空間を通して、バンドのセッションするのも面白そう!

マインクラフトのように、ものづくりもできるとのこと。

『レディ・プレイヤー1』に登場する仮想空間「オアシス」のようになるにはまだ程遠そうですが、それでも地道にサービスのアップデートを繰り返して進化してるんですね。

おわりに

もし、自分がオアシスをプレイするとしたら、誰をアバターにしていただろう。やっぱり『龍が如く』の桐生の兄貴かなぁ・・・!

でも、もし1日の大半をVRの仮想空間で過ごすことになったら、眼精疲労がすごそうだな・・・!

そんな妄想が止まることを知らない、夢が詰まった映画『レディ・プレイヤー1』。

4DXは3,000円以上するのでちょっと高いですが、価格以上の興奮と満足度が約束されている映画なので、ぜひ4DXで観ていただきたい映画です!

もちろん、2Dでも面白い映画だと思うのでお好みに合わせて鑑賞いただければ!

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *