音楽レビュー

「月額聴き放題」時代ならではの音楽の楽しみ方

はじめに

気がづくと、いつの間にか世の中がどんどん便利になっている気がします。

今ではスマホが当たり前の時代ですが、学生時代に友達から「iPodが全部画面になって、タッチパネルで操作できるようになるらしいよ!」と最初に教えてもらったとき、「またまたご冗談を!」とツッコんだ記憶も新しいです。

便利さの向上に伴い、エンタメの楽しみ方も大きく変わってきましたね。

映画もマンガも、ますます気軽に楽しめるようになってきた時代。

ただ、「お金を使う」という視点においては「音楽」の楽しみ方が一番変わったんじゃないかなぁと思います。

これまでの音楽の聴き方

music_before

僕はよくブログで漫画や映画について書いてますが、生きるうえで一番そばにあるエンタメは実は音楽だったりします。

高校時代は吹奏楽部、大学時代はアカペラに没頭していましたが、ジャンルを問わず音楽そのものが好きだったので、色々な音楽をインプットしていました。

主な手段はTSUTAYA。当時はお金もなかったので「買う」という手段はあんまりなくて、とにかく狂ったように借りまくっては、iTunesにぶち込んでました。

それでも、月に数千円単位はお金が飛んでいることに気づきます。(昼飯をカップ麺だけで過ごしてたあの頃にしては、とても贅沢なお金の使い方!)

ある時はギターソロを練習したくて、洋邦問わずギタリストが有名なアーティストのアルバムをリストアップして片っ端から借りようとしたのですが、合計すると3万円くらいかかることに気づき、早々に断念しました。

もちろん、YouTubeなんてない時代だったので、とにかく「音楽を聴く事」=「お金がかかること」だったのです。

 

また、手が届く音楽にも限界がありました。

大学時代やっていた「アカペラ」というジャンルは(まあ、今もそうなのですが)どちらかというとマイナージャンルです。

そうなると、地元のTSUYAYAには置いてないんですね。なので、やっぱり買うしかないと。

しかし、実は日本のCDショップが扱ってないことが後々判明したりして、結局Google翻訳を活用しながら海外サイトで購入することに。

こんな経験も今ではいい思い出です。

そんな音楽生活に終止符を打ったのが「Apple Music」をはじめとする「月額聴き放題サービス」でした。

新しい音楽の聴き方

music_next 月額聴き放題サービスって、確かに毎月1,000円前後かかるんですよ。聴こうと思えばYouTubeでいろんな公式音楽が聴ける時代なのに、「もったいない」のかもしれない。

ただ、圧倒的にいろいろな音楽に手が届くようになったのは確かです。あの頃のように、数万円かけてアルバムを借りなくていいし、わざわざ海外のサイトでCDを取り寄せる必要もありません。

今となっては、ビートルズも、ミスチルも、ももクロちゃんも、どんどん月額モデルに参入してきています。

もちろん、まだ参入していないアーティストも結構いますが、そういうアーティストは有料で購入して補完する。それでも、昔に比べて音楽に対する「費用対効果」が高くなったのは確実です。

そんな時代だからこそ、昔はできなかった「音楽の聴き方・楽しみ方」が出来るんです。僕がオススメしたいのはこんな感じの楽しみ方!

ヨコの深堀り:同じジャンルを聞きまくる

ここでいうジャンルは「ジャズ」「ロック」とった括りではなく、もうちょっと細分化した、たとえば「ジャズ」であれば「ビッグバンド」「ハードバップ」「アシッドジャズ」とか、そこらへんまで細かくした粒度のことです。

月額聴き放題サービスでは「プレイリスト」という形でまとまっているのがほとんどなので、ジャンル名で検索すれば、これらの代表曲にすぐたどり着くことができます。

Apple Musicの場合は、結構細かいジャンルに細分化されていて、例えば以前紹介した「ブルーグラス」も、実はそれだけのプレイリストが存在しています。

音楽『スリーピーマン』:家にいながらディズニーランドの雰囲気を   はじめに みなさんはディズニーランド、好きですか?僕はあの雰囲気、大好きです。   最近さらなるエリア拡大のニュースもありました...

ジャンルを体系的に聴くことで、見えてくる曲ごとの共通点があったりして面白いんですよね。

マンガ『酒のほそ道』でおなじみのラズウェル細木先生なんかは、こんなマンガを描いていて

ジャンルごとに細かくジャズを紹介しているんですが、それと照らし合わせながら(そしてカッコつけてウィスキーをたしなみながら)聴くのも、またオツでした。

タテの深堀り:音楽の歴史を旅する

最近特にハマってるのは、グラミー賞の最優秀アルバムを最初から順に聞くこと!爆

本当は来年2月にある「第61回グラミー賞」の発表までに全部聴ければいいなぁと思ったんですが、まだ1971年なんで、到底追いつかなそう笑

歴史に合わせて音楽を聴いていると、ジャンルからジャンルへの移り変わりをちゃんと実感できたりして面白いんですよ。「今日の音楽ができるまで」をちゃんと追体験できるようになっている訳です。

たまに「ライブ盤」のアルバムが受賞してる年があるんですけど、その当時(60年代とか)のホールの録音とかも、当時にタイムスリップしている感覚になって、不思議な感覚に浸れます。


たとえば、このアルバムとかね。

1962年の最優秀アルバム賞の受賞作品なんですが、ジュディ・ガーランドさんっていう女優が、転落した人生から華々しい復帰を遂げた際のステージを収録してるんですよ。

その時の、観客の「待ってましたーー!」な感じとか、会場の息遣いがそのまま保存されていて、聴いてるこっちもワクワクしてくる作品です。

どのサービスに加入すべき?

music_service

なんだかんだで、月額音楽サービスって乱立してて、じゃあどのサービスがおすすめなの?ってなりますよね。

完全に主観ですが、上記に書いた楽しみ方ができるサービスだと以下の3サービスあたりがいいんじゃないかなと思います!

Apple Music(約4,500万曲)

自分は高校時代からずっとiTunesにお世話になっているので、実はこのサービス以外そもそも選択肢がなかったりします。

同じように、これまでiTunesで曲を管理していた人にとっては、同じ環境で月額聴き放題を楽しめるApple Musicが一番のオススメ。

最初はSpotifyに比べて曲数も少なかったですが、今はラインナップでも戦えてるかなぁと。

プレイリストも、上記にあるとおり、充実しています。特にApple担当者がチョイスしてる「Essentials」シリーズは、アートワークも可愛くて、ついついコレクションしちゃいたくなっちゃう感じ。

ネックは、やはり月額1,000円弱とちょっと値が張るところですね。

Amazon Prime Music(約100万曲)

詳細はこちら

Appleと比べるとボリュームは相当少ないですが、amazonプライム会員になると自動的に享受できるので、コストパフォーマンスでは圧倒的なサービスです!

もちろん、最新の曲や邦楽には弱いんですが、昔の曲は結構入っていてますし「たくさんの音楽に浸る」という体験は十分にできるんじゃないかと思います。

ちなみに「Amazon Music Unlimited」という上位プランもあって、こちらはプライム価格+780円で、AppleMusicと同等の曲数。(ただ、どうせ同じ金額払うならAppleの方がいいかなぁという、Apple信者のボヤキです。)

Spotify(約4,000万曲)

詳細はこちら

もし、自分がもともとiTunesを利用していなかったら、きっとSpotifyで有料会員になっていたかもしれません。それくらい「イケてる」感のあるのがこのSpotify。

何がイケてるかというと、レコメンド(おすすめ)ですね。自分が聴いてる曲に関連する曲の提案は、Appleより自然で、Appleより「これこれ!」感が強い気がしています。

ある程度無料で試せるという意味では、Spotifyが最強かもしれませんね。

これは感覚ですが、邦楽はまだちょっと弱いかな?という印象はあります。

おわりに

最近購入した星野源さんの『POP VIRUS』、めっちゃいいアルバムです。(これは、残念ながら月額サービスでは聞けないという皮肉!!)

その表題曲の「Pop Virus」について、ラジオで源さんがこんな風に語っていました。

「改めて思うと音楽ってやっぱり特殊で。「音源」っていうものが残っていくっていうのは本当に特殊な職業だなっていう風に思います。で、音源が残らなくても、歌い継がれていったり、演奏して継がれていくものだったりするので。なんか本当に自分が作ったその「一拍」っていうのが本当に何十年も何百年も残っていく可能性がある。それがすごく素敵だなという風に思っていて、なんかこういう曲を書きました。」

そう。音楽って、映画や漫画に比べて「褪せない」感じがしませんか?

例えば「1960年代」のマンガや映画って、今と解像度や手法が違いすぎて、見るに堪えない作品も結構ありますけど、音楽っていつの時代のものを聞いてもそんなに違和感がないと思うんですよ。

それこそ、ベートーベンとかショパンも、改めてちゃんと聞くと逆に新鮮だったりしますからね。

 

月額聴き放題サービスの登場で、今まで出会えてこれなかった音楽に、一気に出会えるようになりました。

音楽はこれからどんどん多様化し、どんどん進化していくんだと思います。月額聴き放題サービスなら、それらも全て楽しめる。

いやあ、改めてヤバい時代ですね!この時代に生まれてよかった!と、冗談じゃなくて思います。

それでは、みなさんもぜひ素敵な音楽ライフを!

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *