テンパステーション

エンタメって最高だ。天パって最高だ。

おじさんの似顔絵が描きたい!『アリスと谷村新司さん』

スポンサーリンク

f:id:YutoCruyff:20180527161029j:plain

 

今年の2月くらいからInstagramのアカウントで、ほぼ毎日似顔絵を描いています

 

昔から絵を描くのが好きだったのですが、本格的に絵を学ぶわけでもなく。テスト用紙やプリントの裾に落書きを繰り返す、そんな日々をずっと過ごしていました。

 

特に、授業中に先生の似顔絵ばっかり描いてました。

 

時には紙を取り上げられて怒られることもありましたが、周りの友人にもウケていたので、調子に乗った僕はいろんな先生を描きまくりました。それこそ、中学から大学くらいまで。何度も何度も。

 

そういった経緯もあり、人の顔だけはそれなりに上手く描けるようになったんです(全身は全然描けない)。

 

社会人になってからも、友人の結婚式のウェルカムボードを描いたり、送別会で色紙の中心に似顔絵を描いたり、それこそ自分の結婚式でも、出席者全員分の似顔絵を描いたりと。もはや個人的な趣味の域を超えて、色んな人の似顔絵を描きました。

 

f:id:YutoCruyff:20180527171839j:plain

↑結婚式で描いた似顔絵の一部。こんな感じで手ぬぐいを作りました。

 

ただ、最近はこういった似顔絵を描く機会が、めっきり減ってしまいました。

 

こういうのって継続しないとスキルは向上しませんし、逆にどんどん下手になっちゃいそうで、なんだか不安になってしまう訳です。

 

そこで思いついたのが「(ほぼ)毎日芸能人の似顔絵を描く」ということ。

 

これをソシャゲのデイリーミッションのように、自分に課します。そうすることで、似顔絵が少しずつ上手くなっていけばいいなぁと。

  

ただ一つ問題がありまして。

 

それが、どうしても苦手意識のある、女性の似顔絵について。

 

というのも、昔から描いてきたのが教師の似顔絵、つまりジイさんバアさんの似顔絵だったので、特に若い女性の似顔絵が上手く描けませんでした

 

結婚式で出席者の似顔絵を描いた時も、女性の場合は何度も何度も描き直して・・・それこそ男性の5倍くらいかかったんじゃないかなぁ。とにかく苦手なのです。

 

当然、これを毎日・・・となるとメチャメチャ大変なので、自分を甘やかした結果、芸能人といっても

 

「おじさん」縛りで、描いていくことにしました。

 

前置きが長くなりましたが、そんな「おじさんだらけのインスタアカウント」がこちらになります。

 

 

 

このインスタを始めたのが、ちょうどブログの開設と同じくらいだったこともあり、ブログの記事の文末に毎回「本日のおじさんの似顔絵」ということで、1枚ずつ貼ってたんですね。

 

ただ考えてみると、記事の内容と全く関係のないおじさんたちの絵がいきなり出てくるので、読者目線だと何のこっちゃ分からんですよね。

 

ということで、今後は似顔絵についても「独立した記事」を描いていこうかなーと思ってます。

 

 

f:id:YutoCruyff:20180527161029j:plain



んで、今日はインスタのアカウントのアイコンにもしている、谷村新司さんの似顔絵について。

 

谷村さんが結成した「アリス」というバンドにちなんで「不思議の国のアリス」の格好をさせている訳ですが、我ながらそのシュール感がハマったなぁということで、今尚一番お気に入りの似顔絵になっています。

 

アリスの結成って、1971年なんですって!もちろん、1988年生まれの僕は世代ではありません。

 

が、アリスの『チャンピオン』、それから24時間テレビでおなじみの『サライ』なんかは国民的な代表曲で、僕でも知っています。それだけ、日本の音楽の礎を築いてきた方なのだと思います。

 

そして似顔絵を機に、名前だけ知っていた『昴』をはじめて聴いてみました。 

昴 -すばる-

昴 -すばる-

  • 谷村新司
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

最近のJ-POPの複雑なコード進行、打ち込み中心のリズム隊で作られた音楽もすごく好きなんですが、こういった80年代の

 

シンプルなコード進行、シンプルな楽器構成の上に乗る、力強い歌声

 

っていうのも良いですね。

 

さらばすばるよ〜、ああさんざめく〜、などの言葉の言い回しも、今となってはあまり見られないため、逆に新鮮さを感じます。

 

改めて、「不思議の国のアリスのコスプレ」をさせてしまったことに、一抹の罪悪感が生まれてしまいましたが、こういった曲と出会える、新しい世界を知ることができるのも、似顔絵アカウントを開設した醍醐味だと思っています。

 

 

今後も、ブログではこういった形で「似顔絵」とそれにまつわるエピソードを綴っていければと思います。

 

ぜひぜひ、インスタのアカウントもチェックしてみてくださいね!